一戸建てで、のびのび子育て!

周辺への音を意識しなくてもよい

子供のいる家庭が、一戸建てで暮らすメリットには、生活音を集合住宅ほど気にしなくてもよいというものがあります。集合住宅の場合、足音ですらも下の階を気にして常に意識しなければならない窮屈さがあります。特に小さな子供がいる場合には、走り回ったりすることは普通です。子供が走り回っても一戸建てなら周りへの迷惑を考えずに済みます。
また、赤ちゃんがいる場合は、泣き声も集合住宅では迷惑に思われがちですが、一戸建てならそれほど気にしなくても大丈夫です。窓をしっかりしめていれば、夜泣きをされても他の家庭の迷惑にはなりません。
子供がのびのびと走り回ったり泣いたり笑ったりできるところが一戸建てで子育てする上での魅力となります。


子供に専用の部屋を与えられる

子供が小さいうちはまだしも、大きくなってくると、子供専用の部屋も必要となってきます。そういったときに、一戸建て住宅なら部屋数も多いので安心して部屋を与えることができます。
子供部屋があることで、子供本人も、親もお互いのプライバシーを尊重できるようになります。また、同じ部屋での生活は窮屈ですが、親の部屋と子供の部屋がそれぞれあれば、ゆったりとスペースを使うことができます。
子供も大きくなってくると、勉強机や学校用品、子供の趣味のものなど、必要なものが増えてきますが、専用の部屋があればその分収納スペースも増えるので安心です。
子供が複数いる場合でも、一人一人に部屋を与えることが部屋数の多い一戸建てなら可能です。

分譲住宅の最大のメリットは複数の家をほぼ同じ間取で建てるため、コストが安く済む点です。また、注文住宅のように追加で費用が発生する事がないので、資金計画が立てやすいというメリットもあります。