profile "mac清水"

★1970年代中期、当時17歳で、横沢龍太郎や清水信之らと共にセッションバンド、「紀ノ国屋バンド」にてデビュー。
その後、金子マリ&バックスバニー、フライングミミバンドをはじめ、山岸潤史、高中正義、西岡恭蔵、南佳孝、竹内まりや、 など様々なセッションにて頭角を現す。当時"ラテンさん"と呼ばれるパーカッションのイメージを払拭するがごとき"ロック"パーカショニストの先駆者的な存在を示すことになる。
1980年代、1990年代と様々なアーティストとのセッションをこなす。日本のロックの先達者たちとの共演の数々もその人柄と人脈のなせる技!
また、チャーが主宰した「江戸屋レコード」のオムニバスシリーズには 、「マンバブー」や「SONS&DAUGHTERS」などを結成し、参加するだけでなく、 旧知のジョニー吉長や森園勝敏、ドライヴィングホイールなど多くの作品にゲスト参加しています。
mambabooにとっては音楽業界翁的存在!
現在はチャー、石田長生、とのアコースティックユニット、バホで活動中!


mmbbbeautyのイラスト

live&recordings

紀ノ国屋バンド、金子マリ&バックスバニー、チャー、森園勝敏、フライングミミバンド、山岸潤史、高中正義、西岡恭蔵、南佳孝、竹内まりや、センチメンタル・シテイ・ロマンス、はにわオールスターズ、フェンス オブ デイフェンス、久保田利伸&マザーアース(ゲスト出演)、キリングタイム(ゲスト出演)、窪田晴男、横内健亨、石井為人、大塚まさじ、西岡恭臓、桑名ハルコ、山下久美子、甲斐バンド、矢沢栄吉、小川美潮、久保田利伸&アマゾンズ、中村あゆみ、玉置浩二、    薬師丸ひろこ、epo、浜田省吾、ビギン、サニーデイサービス、BAHO、ジョニー吉長ユニット"ラヴ チャイルド"、古村敏比古 他。   

back←★★→go next